MENU

マイネオを運営するケイオプティコムとは?

今回は、マイネオを運営するケイオプティコムについて解説していきます。

 

ケイオプティコムは関西電力の100%連結子会社です。そのため、各事業で密接に関西電力と関わっています。

 

 

キャッチフレーズは「光をもっと、あなたのそばに。」で、光をというフレーズのように、主な事業は通信事業です。

 

ケイオプティコムが運営する事業は、主に、光回線を家庭や事業所に提供するeo光、光回線を利用したケーブルテレビ事業eo光テレビ、MVNOとしてmineo、IP電話サービスのLaLa Callなどがあります。

 

 

光回線を利用した事業では関西圏を中心に事業を展開しています。ケイオプティコムが提供する光回線は低料金でカバー範囲も広く、auスマートバリューの割引も適用されるので、関西圏で光回線を利用する際には、有力な選択肢の1つになります。eo光の競争力が強い為に、関西圏ではNTTのシェアが低く推移しています。

 

 

MVNO事業では、mineoというブランドで事業を展開しています。

 

利用回線をauとdocomoの2回線から選択することができるので利便性が良く、また、回線の信頼感が高く尚且つ低価格で提供しているので人気があります。そして、パケットを分け合えるシステムを数多く導入しており、ユーザー同士を繋げるサービスにも力を入れています。近年では、海外旅行者にSIMを提供する事業にも参入し、これからこの事業の拡大も期待されています。

 

様々なサービスの結果、2015年にはmineoは契約件数10万件を達成しており、順調にシェアを拡大しています。今後も更なる事業の拡大が期待されています。

 

順風満帆のように書いてきましたが、上手く行かずに、サービスを終了した事業も沢山あります。(eoモバイルは残念ながら新規加入受付は終了しました。)ですが、それにもめげずに様々な事業を展開して、順調に拡大している事業には、新しいサービスをどんどん取り入れ、更なる飛躍を目指しています。

 

その結果は業績にも表れており、順調に売上、利益を拡大しています。

 

ケイオプティコムは、これからの事業展開が楽しみな企業です。