MENU

mineoの法人向け契約

mineoでは法人向け契約も行っています。mineoはMVNO会社としての利点を生かたサービスと合わせて、他の自社運営サービスを相互利用したサービスを展開しています。

 

mineoは大手キャリア程の規模がないので、また違った方法でサービスを展開しています。今回はそんなmineoの法人向け契約について解説していきます。

 

mineoの法人向け契約のポイントは4つあります。

 

1つ目は、「ビジネスLaLa Call」です。

 

ビジネスLaLa CallはLaLa Callを法人向けにカスタマイズしたサービスです。基本使用料が5台まで一律500円で利用でき、その後6台目以降は1台毎に300円で利用できます。

 

また、社内グループチャットの利用や留守番電話サービス、電話転送サービス、ビジネスLaLa Callの専用電話帳などが無料で使用できます。

 

また、ビジネスLaLa Callでは遠隔で会社のPCから、スマホ内のデータの削除やコントロールができるので不正使用を防止できます。それと共に、個別の通話料の把握や個々の電話帳をまとめることなどが簡単に会社のPCからできます。

 

 

2つ目のポイントは、複数回線割です。

 

mineoで契約している1つの企業IDに対して、複数の回線契約をしていると、基本料金が1台当たり50円割り引かれます。この複数回線割は特に申し込み手続きも必要なく自動的に適用されます。

 

3つ目のポイントは、ウイルスセキュリティソフト「マルチデバイスセキュリティ」を提供しています。

 

何かと不安なセキュリティを5台までまとめて1400円で、その後1台当たり280円でガードしてくれます。また、スマホだけでなく社内のPCもガードしてくれます。

 

こちらは任意なので色々なセキュリティサービスと比較して導入を検討するのが良いと思います。

 

 

4つ目のポイントは安価な基本料金です。

 

mineoの法人契約では基本料金が安く設定されています。

 

データ通信のみのプランで、500MB700円、1G850円、3G980円、5G1580円

 

データ通信と通話のセットプランで
500MB1310円、1G1460円、3G1590円、5G2190円

 

更に、複数回線割を利用すると、ここから50円割引されます。

 

mineoの法人向け契約は、安価な料金で充実のサービスを実現していると思います。携帯電話の契約更新や切り替えのタイミングで、大手キャリアのみならずmineoなどのMVNO会社も検討してみるのも良いと思います。